営業代行でコストは下がる?下がりやすい方法を2つご紹介!


営業代行はやり方によってコストが下がる

外部に業務代行を依頼するとコストが上がることがよく知られています。営業代行も依頼するとコストが上がってしまうからやめておこうと考えていることも多いのではないでしょうか。確かに一般的には営業代行を利用するとコストが上がってしまうため、依頼した結果として売り上げが伸びなければ収支はマイナスになります。しかし、営業代行も使い方によってはコストが下がることもあるので有効活用していきましょう。どのような方法ならコストが下がりやすいのでしょうか。

コストが下がりやすい2つの方法とは

営業代行でコストが下がりやすい方法は2つあります。1つは営業代行に新規開拓を任せる方法です。新規開拓のためには営業担当者を何人も雇用して担当させなければならないでしょう。人件費がかなりかさんでいる部分なので、プロに任せた方が安上がりになることがよくあります。一人あたりの取得契約数や取得アポ数はベテランの方が高い傾向が強いからです。特に営業代行では効率を重視したサービスをしているので費用対効果が上がりやすくなっています。

もう1つは新しい営業方法を取り入れる際に営業代行に任せる方法です。新規に営業方法を導入するときには初期コストがかさみます。人材の確保や教育、システムの導入やルールの策定、評価基準の制定など、かなりの労力も時間もかかるでしょう。その分を考慮すると、もともとノウハウを持っている営業代行に依頼して、その営業方法だけ担当してもらった方が費用対効果が高くなるのが一般的です。

営業社員の人材不足に悩んでいる場合は、営業代行を導入すると良いです。社内で営業スタッフを育てる時間が省けるうえ、営業に精通した人材を獲得することが出来ます。